スコープ2ガイダンスに準拠した電力排出係数算定に関する小売電気事業者のご回答のまとめ

温室効果ガス(GHG)スコープ2研究会は、2020年10/11月に、GHGプロトコル・スコープ2ガイダンスに準拠したマーケット基準手法の電力排出係数の算定について小売電気事業者にお問い合わせを行い、小売電気事業者15社(旧一般電気事業者8社、新電力7社)より回答をいただきました。  いただいた回答をとりまとめた「スコープ2ガイダンスに準拠した電力排出係数に関するご回答のまとめ」を以下に掲載します。   

ダウンロード
スコープ2ガイダンスに準拠した電力排出係数に関するご回答のまとめ
スコープ2ガイダンスに準拠した電力排出係数に関するご回答のまとめ.pdf
PDFファイル 906.0 KB

S2G 電力排出係数ガイダンス(試案)~日本の小売電気事業者のための~

温室効果ガス(GHG)スコープ2研究会では、GHGプロトコル・スコープ2ガイダンスに準拠したマーケット基準手法の電力排出係数の算定に関するガイダンスの試案として、「S2G 電力排出係数ガイダンス(試案)~日本の小売電気事業者のための~」(以下「S2G 電力排出係数ガイダンス(試案)」と言います。)の作成・検討を行っております。 今回作成したS2G 電力排出係数ガイダンス(試案)ドラフトを、PDG版にて以下に掲載します。

ダウンロード
S2G Electricity Emission Factor Guidance
PDFファイル 1.7 MB

研究会では、S2G 電力排出係数ガイダンス(試案)ドラフトについて、幅広くご意見を伺いながら、更に内容を検討・変更していくこととしています。 S2G電力排出係数ガイダンス(試案)ドラフトについてのご意見については、温室効果ガス(GHG)スコープ2研究会ウエブサイトの「お問い合わせ欄」からご連絡をお願いします。

ご意見をいただいた方の中の希望される方にも入っていただくS2G 電力排出係数ガイダンス(試案)ドラフトの検討のためのワークショップ(オンライン)の設置も検討しております。